So-net無料ブログ作成
検索選択

男性が電車を利用するときに気をつけること。 [生活]

普段タッチしない事柄で、赤っ恥をかくことがあります。

昔、電車に乗って仕事の現場へ行くことになった時のことです。

普段は車を使うので数ヶ月ぶりだったのですが、たまたま乗った車両でちょっとしたアクシデントがありました。

そのアクシデントがなぜおこったのか。。。


数ヶ月ぶりの電車移動。季節柄少し肌寒い空気のなか、朝から徒歩で関西の某大手私鉄の駅へ向かいます。

始発の駅から乗ればよかったのですが、そこは自宅から徒歩40分の距離。2番目の駅なら徒歩30分でいける、ということで近い方の2番目の駅へ向かいました。

その駅は上下線ともホームの端に券売機と改札があり、改札を抜けるとスロープでそのままホームへ上がります。

私の行くホームは、スロープ上がってすぐのところが最後尾車両の位置で、先頭車両へ乗る場合はホームの先の方まで歩くことになります。

私はどの車両でもよかったので、最後尾車両の位置で電車を待っていました。

すると同じく電車を待っている周囲の女性数人から、なぜか視線を感じます。年齢関係なくチラチラこちらを見ている。。。なぜ見られているのかその理由が分かりません。

(この時は無意識のうちにある先入観が働いて、最後尾車両の位置にいました。)

不思議に思いながらも待っていると、電車がやってきました。最後尾車両のいちばん後ろ、車掌さんのすぐ目の前のドアから乗車。

電車が動き始めて速度が上がっていきます。「次は~○○~○○です」とアナウンスの後、車掌さんがおもむろに扉を開けて、私に向かってこんなことを言いました。

車掌「この車両は “女性専用車両” ですので、次の駅で移動をお願いします~」

私「あ・・わかりました。。。」

チラッと車内に目をやると確かに女性ばかり。。私の方をチラチラ見る人、声を出さず笑う人、別に気にしていなさそうな人、同情の視線を送るひと。

いろいろな視線を受けながら、次の駅まで流れ行く景色を見るしかない。その時の時間のまぁ~長いこと。

顔が熱くなっていくのが分かる・・おそらく赤くなったことでしょう。知らなかったのがいかんのだろうけど、同時に腹が立ちました。

さっきの駅で乗り込むときに「最後尾は女性専用なので、乗ってから前の車両へ移動お願いします」と言えば良かっただろう?

「女性専用車両」については賛否両論あります。私はあってもかまわないと思うし、ラッシュ時にそういう設定が車両にあるのは知っていました。しかし普段電車に乗る機会がないと、どの車両がそうなのかなかなか把握できないです。

先ほど書いた先入観、思い込みといいますか。実はJRでは、例えば6両編成だと3両目や4両目などの、中間車両に設定されていました。数ヶ月前に乗ったJR の車両がそうだった。

その思い込みと、朝から30分かけて辿り着いた駅でさらに歩くのもな~ということもあり、改札からいちばん近い最後尾車両に乗りました。

私たち男性が、間違わないように気をつけるしかないのでしょうけど、あの時の周囲の女性の視線と車掌の応対は忘れません。

どうしようもない男が出てくる限り、女性専用車両は消えないのでしょうね。。

なんだかな~と思った新米パパでありました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。