So-net無料ブログ作成
検索選択

近鉄特急「伊勢志摩ライナー」追加料金無しでサロンカーに乗ろう! [旅行]

この間、休みの日を利用して京都へ行ってきました。その時に乗ったのが、以前「まわりゃんせ」の記事で少し紹介した近鉄特急「伊勢志摩ライナー」のサロンカー。

今回は、サロンカーの雰囲気や設備、ベビーカーで赤ちゃん連れの場合はこうすればよいなど、実際に乗ってみて気付いた点を書きます。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

近鉄特急「伊勢志摩ライナー」は、大阪・京都・名古屋の各地から賢島まで運行されています。

全6両編成の車体は、黄と白、赤と白の2種類の配色があって、座席の色もそれぞれのイメージに合わせて設定されています。

車両編成表
《賢島方》
1(6)号車┐
2(5)号車├レギュラーカー
3(4)号車│
4(3)号車┘
5(2)号車:サロンカー
6(1)号車:デラックスカー
《大阪・京都(名古屋)方》
※( )内は名古屋⇔賢島の号車番号

今回は京都発の「伊勢志摩ライナー」に乗車、以前から気になっていた5号車=サロンカーのツインシートを取りました。

この車両は、2名専用のツインシートと3~4名用のサロンシートが、通路を挟むように設置されています。どちらも乗車券+特急券で乗車可能、追加料金は必要ありません。

例)
京都駅 :09時15分 発
伊勢市駅:11時14分 着

賢島行き特急
「伊勢志摩ライナー」

料金(大人2名)
・乗車券=4020円
・特急券=3220円
・合計=7240円

それぞれの座席は横幅が広くかなりゆったりと座れます。テーブルを挟んで向かい合うような配置で、背もたれ同士の隙間には3段の棚があり、荷物が置けるようになっています。

ちなみにサロンシート側のいちばん下は、畳んだベビーカーを寝かせて置けるくらいの広いスペースがあります。これ、ベビーカー持ち込みファミリーにとっては、実にありがたいポイントですね。

設備の面では、大きな窓には電動ロールカーテン、その窓の下にブックスタンドのようなもの、電源コンセントが2つ、カバンなどを掛けるフックが2つ。さらに窓の両側にもフックが1つずつあって、その横にエアコンの吹き出し口があります。

私たち親子3人は今回ツインシートを取りましたが、テーブルに引っ付けるようにベビーカーを通路に置いていたため、行き来する人に少し邪魔してるかな~という感じがしました(汗)

おすすめの乗り方としては、赤ちゃんであっても子供料金(大人料金の半額)を払って3人とし、サロンシートを取ることですね。

◆上記と同時刻、同区間の場合

料金(大人2名+小人1名)
・乗車券=4020円+1010円
・特急券=3220円+810円
・合計=9060円

そうすれば、先程の場所にベビーカーを畳んでしまっておけるし、2人掛けシートが2つあるので赤ちゃんを座席に寝かせることもできます。おまけにテーブルも広いです♪

ぜひ「まわりゃんせ」と組み合わせて、旅の計画をしてみてください。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

今回は、「伊勢志摩ライナー」のサロンカーをご紹介しました。

伊勢方面への一押しは観光特急「しまかぜ」ですが、「伊勢志摩ライナー」もおすすめです。これから旅をする方は見当してみてください。

秋晴れのお伊勢さん参り、おはらい町で赤福餅をいただく~というのも良いですね♪



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。