So-net無料ブログ作成
検索選択

水筒や魔法瓶に貼ってある「保冷専用」のラベル~その理由を調べてみた [生活]

私が毎日仕事で持っていく水筒には、「保冷専用」と書かれたラベルが貼ってあります。

「保冷専用」てどういうこっちゃ??これに温かいお茶など入れたらどうなるのか?

実際に温かいお茶を入れて仕事に持っていきました。さてどうなったのか・・・

「保冷専用」のラベルが貼ってあるのは、直のみタイプの水筒や魔法瓶のようです。

つまり、蓋をコップ代わりにするのではなく、ペットボトルや缶飲料のように飲み口に口をつけて、直接飲むスタイルですね。

この時に熱いお茶が入っていたらどうなるか~は想像できるかと思います。いきなり口中に熱いものが入ってくるので、舌や喉などをヤケドするおそれがありますね。

マグタイプならすすりながら少しずつ飲むことができるかもしれません。しかし、それは熱い飲み物が入っているのを知っていることが前提です。

また例え知っていても、ペットボトルのような飲み口だと少しずつ飲むことは極めて難しく、ほぼヤケドしてしまうでしょう。


結論
「保冷専用」とラベルが貼ってある水筒には、熱い飲み物を入れないほうがよろしい!


実際に温かいお茶を入れて仕事に持っていった時は、飲める程度に少し冷めていたので、なんとか大丈夫でした。

「保冷専用」のラベルひとつとってもちゃんと理由があります。注意して正しく使って、美味しいお茶をいただきましょう。



スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。